有膳靈芝,友善您的健康~

緣起~醫食同源,有膳靈芝

『有膳靈芝』創辦人李德勝先生二十多年前原本經營模具零件製造公司,因長年疲勞累積,而讓一同打拼的李太太健康出了問題,因緣際會在客戶介紹下接觸了靈芝,讓李太太的身體在四個月內調節生理機能,而得以健康維持。驚喜之餘從此結下對靈芝的緣分。之後李德勝先生師承高雄中醫名師 孟 待圖 老師,在對養生有極大興趣的驅使下開始長年研究中醫,並在十多年前開始研究改良並與生物科技廠商技術合作生產『有膳靈芝』,供應家人和客戶們安心,高品質且價格合理的優良靈芝產品。了解靈芝的好,就明白為何靈芝會是本草綱目裡的上選,身邊的家人和朋友和靈芝結緣的時間皆超過數十年。最喜歡講的話是-「好家在,阮有靈芝」。
創辦人李德勝先生曾著有《靈芝情緣》一書(成智出版社發行出版)

『有膳靈芝』-成立以來,鮮少廣告,但口碑相傳的老客戶始終是『有膳靈芝』一路走來最大的支持與動力。未來希望能有更多朋友,能和我們一同體驗食用『有膳靈芝』的美好感受。



傳承~蛻變  
靈芝那麼好,知道的人也不少。經營者眾,競爭激烈的情況下,『有膳靈芝』始終五大堅持-

1 我們對產地的堅持
『有膳靈芝』種植於天然環境,溼度,溫度皆適宜種植赤芝的嘉義縣中埔鄉。新鮮的空氣,剛剛好的陽光與溼度,孕育出飽食日月精華的好靈芝。台灣產的成本雖高,但考慮品質,食物里程,及保護本土產業等因素,我們堅持產地嚴選。

2 我們對採收的堅持
『有膳靈芝』堅持100% 使用第一次採摘的靈芝,成本高但品質更好。

3. 我們對品種的堅持
『有膳靈芝』堅持100% 使用純正赤芝原料。
『有膳靈芝』僅用純正赤芝製成靈芝產品,非市面上合成菌絲體或摻雜添加物。只要純天然,
告別人工製造的合成菌絲體,天然ㄟ尚好,不用講你一定知道。


4. 我們對濃縮的堅持
『有膳靈芝』堅持100% 7倍濃縮,味道帶有純正靈芝的苦感,但身體更快感覺的到。非市面上成分較薄,吃心安的產品。
簡易純度味覺判別法:純靈芝粉的味道是很有層次的苦,但在苦味過後會有自然回甘的感覺。若您所購買的他牌靈芝有各種不同的味道或是沒有苦味,變可能是有加其他添加物,而非純正靈芝。
簡易純度視覺判別法:純正天然靈芝的顏色應像靈芝切開後的顏色般,為淺咖啡色或黃褐色,而非較深的咖啡色或黑色。

5  我們對環保的堅持
『有膳靈芝』堅持100% 絕無農藥的有機種植,為的就是使客戶們食用的安心。另在『有膳靈芝』的產品包裝上,我們僅以提高保存靈芝不受光照的深色瓶裝外,無過多的外盒包裝,以減少對環境的污染,響應愛護地球的環保概念。

6  我們對無添加的堅持
『有膳靈芝』堅持100%無農藥使用,無掺混液態發酵菌絲體,無重金屬污染,無西藥成份,無化學添加。因為曾了解失去健康的苦,為了健康,更堅持好品質。


『有膳靈芝』的製作流程
靈芝產地選擇→靈芝栽培→靈芝採收→原料篩選→除濕乾燥→粉碎打丁→預置浸泡→循環萃取→除水濃縮→"企業秘密"→噴霧造粒→進階研磨→過篩→除濕乾燥→充填膠囊→優良純正的『有膳靈芝』。

れいしについて

マンネンタケ(万年茸、霊芝=れいし、幸茸、門出茸)は、
マンネンタケ科マンネンタケ属のキノコで、
中国では霊芝と呼ばれ不老長寿の仙草(薬)として珍重されてきました。
ほかにも様々な呼名があります。普通は高湿度の山林で
クヌギやコナラなどの広葉樹、梅や桃などの落葉樹の枯木などに発生します。
多くの種類の中で赤、青、黄、黒、紫芝などの数種類が薬用に適しているとされ、
中でも赤芝が最も薬効が高いともいわれます。
天然物は発生率が低く貴重品ですが、現在は人工栽培もされており、
生薬や健康食品、サプリメントとして利用されています。

霊芝は一般的にマンネンタケ科の万年茸(マンネンタケ)を指し、他に門出茸、仙草、吉祥茸、赤芝、紫芝、黒芝、青芝、白芝、黄芝などの呼称で呼ばれている。成長し乾燥させたものを霊芝として用いるが、子実体は木質で食用には適さない。後漢の時代(25-220)にまとめられた『神農本草経』に命を養う延命の霊薬として記載されて以来、中国ではさまざまな目的で薬用に用いられてきた。子実体を適当な大きさに切り、熱水で煎じて抽出液を服用する。日本でも民間で同様に用いられてきたが、漢方には霊芝を含む処方は無い。子実体はさまざまな多糖類(β-グルカンなど)やテルペノイドを含む。他のきのこのβ-グルカン同様、抗腫瘍作用の報告は多いが、ほとんどは試験管や動物実験で、ヒトでの臨床報告はきわめて限られている。

霊芝の有用性

上述の通り、中国や日本では霊芝には幅広い薬能があるものと信じられ、さまざまな目的に用いられてきた。その効能を裏付けようとさまざまな基礎研究が世界で行われており、培養細胞や実験動物を用いた研究では抗癌作用、免疫賦活作用、血小板抗凝固作用などが報告されている。しかしヒトでの臨床試験はまだ限られており、結論を得るには至っていない。

霊芝の安全性

『神農本草経』では上品に分類され、無毒で長期連用でき、命を養うとされている。これまでの報告でも、適切に経口で摂取するなら安全性は高いことが示唆されている。副作用はあっても軽微で、めまい、口・喉の渇き、鼻水、鼻血、かゆみ、胃のむかつき、血便などであるが、これらの症状も、3-6ヶ月の長期間にわたり連続的に摂取した場合に観察された例である。
医薬品等との相互作用

霊芝は抗血液凝固作用をもつので、理論的には抗血小板・抗血液凝固作用のあるハーブや医薬品を用いている人では出血傾向が高まることがある。血圧低下作用のあるハーブや医薬品とともに用いると、その作用を強め低血圧を引き起こすことがある。



Copy right@2008 Senzo International Co., Ltd. All rights reserved.